【安田記念】キャンベルジュニア 併入フィニッシュ「東京マイルは力を出せる舞台」

2018年05月31日 21時02分

【安田記念(日曜=6月3日、東京芝1600メートル)注目馬31日最終追い切り:美浦】キャンベルジュニア(写真左)は南ウッドで併せ馬。サトノメサイア(古馬1000万下)の直後を追走し、直線では内から馬体を併せにいく。派手なアクションはなかったため、併入フィニッシュ(5ハロン68・0―37・1―12・9秒)となったが、馬体の張り、毛ヅヤともに良好だ。

 森助手「前走(京王杯SC=2着)後はトモに疲れが出たが、ケアしつつの調整で動きはいいですね。東京マイルは力を出せる舞台だし、相手は強くなるけど、この馬も充実期なので頑張ってほしい」

 南半球産馬が6歳にして本格化ムード。GIの大舞台で重賞初Vを決める構えだ。