【鳴尾記念】ナスノセイカン デキはピーク「あとは良馬場でやれれば」

2018年05月31日 20時00分

【鳴尾記念(土曜=6月2日、阪神芝内2000メートル)注目馬31日朝の表情:美浦】新潟大賞典で3着に大健闘したナスノセイカンは厩舎周りを乗り運動。一段と筋肉の隆起が目立ってきており、叩き3戦目でピークのデキに突入だ。陣営も重賞初Vへ期待を込めた。

 矢野調教師「先週にしっかりと追ったので、今週は控えめに。乗った助手が好感触だったように前走以上の状態で臨めそう。今は前めで運べるようになったので内回りもOK。あとは良馬場でやれれば」