【鳴尾記念】タツゴウゲキ 9か月ぶりの割に仕上がるが「トモにまだ緩さ」

2018年05月30日 20時02分

【鳴尾記念(土曜=6月2日、阪神芝内2000メートル)注目馬30日最終追い切り:栗東】タツゴウゲキは鞍上が強めに追う内容で坂路を駆け上がった。9か月ぶりの実戦になるが重さは感じられない(4ハロン55・0―12・4秒)。

 野田助手「帰厩後はここを目標に順調に追い切りを消化してきた。休養期間の割に仕上がっているけど、トモにまだ緩さは残っている」