【安田記念・東西記者徹底討論】マイラーズCレコード勝ちのサングレーザーか昨秋のマイル王ペルシアンナイトか

2018年05月30日 21時31分

大一番へ向けて早くも気合十分のペルシアンナイト

【安田記念(日曜=6月3日、東京芝1600メートル)東西記者徹底討論】上半期のマイル王を決する第68回安田記念(6月3日=東京芝1600メートル)は、大方の下馬評通り、若き4歳勢の戦いとなるのか!? 普段は振り回し気味の「両刀」山口&「馼王」西谷も、今回は「4歳勢重視」で基本スタンスは一致。昨秋のマイルCSで馬券に絡んだ2頭での“アトサキ勝負”となった。

 西谷哲生(大スポ):本当かどうか分からないけど、信じたいことってありますよね。

 山口心平(東スポ):例えば?

 西谷:ドーナツは真ん中に穴が開いてるから、カロリーがほぼゼロらしいとか。

 山口:え、そうなの?

 西谷:三味線の糸はウコンで染めてあるんで、弾いてるうちにお酒に強くなるだとか。

 山口:マジかよ。ちょっと三味線買ってくる。

 西谷:いやいや、さすがに信じ過ぎでしょ。安田記念も◎サングレーザーって。穴党の先輩にしてはストレート過ぎません? マイラーズCはコース取りが完璧にハマった感もありますし、左回りは新馬戦(3着)以来、経験がないとか、突っ込みどころは結構ありますよ。

 山口:個人的には今のマイル路線のレベルは高くないと思っている。現状、この路線で確実に上位と言えるのは、このサングレーザーとペルシアンナイトくらいだろ。

 西谷:昨年のマイルCSの1、3着馬ですから力上位は分かりますけど、どうして負けたほうを本命にするんですか?

 山口:マイルCSはミルコ・デムーロの好騎乗が大きかった。あれで勝負づけが済んだわけではない。前走(マイラーズC)は他馬より1キロ重い斤量でレコードV。さらに今シーズンの余力という点を踏まえれば、逆転は十分可能だろ。

 西谷:残念ながら、ボクの◎でもあるペルシアンナイトが返り討ちにすると思いますけど。

 山口:言ってくれるね。その根拠は?

 西谷 前走の大阪杯はスローで道中かなり行きたがっていましたが、それでも上がり最速&自己最速(33秒7)をマークして2着。池江調教師が課題に挙げていた“中距離でマイルの切れ味を発揮できるか”を見事にクリアしてくれました。昨秋のマイル王がさらにひと皮むけて適距離に戻れば、まず負けませんよ。

 山口:で、対抗はスワーヴリチャードか。5ハロン通過60秒切りの競馬を一度しか経験してない馬だからな。大箱の東京とはいえ、初のマイルでペースへの対応ができるかどうかに尽きる。

 西谷:そこは陣営もポイントに挙げてましたね。ただ今回は積極的に前に行きたいタイプが少ないので、極端にペースが速くなることはなさそう。自分から動いて最後まで脚を使えるのは大阪杯のマクリで証明済みですし、流れに乗り切れず、不発ということはないでしょう。

 山口:正直、ほかの日本馬の勢力図がよく分からんこともあるが、一発あるなら外国馬ウエスタンエクスプレスのような気がする。2走前のチェアマンズトロフィー(2着)で接戦だったビューティーオンリーは昨年の安田記念で0秒3差(6着)だったんだから、この馬も争覇圏の力はありそうだろ。

 西谷:お父さんがキャンベルジュニアと同じエンコスタデラゴなら日本の芝にも対応できそうですよね。

 山口:速い持ち時計(1分32秒9)があるうえに、立ち回りは自在だし、末脚もしっかりとしているからな。

 西谷:ボクが妙味を感じるのはアエロリットですね。ここまで休み休みで使われてきた馬が、今回は久々の叩き2戦目。NHKマイルC勝ちの得意舞台で上積みを持って臨めるなら、男馬相手でもチャンスはありますよ。
 山口 ヴィクトリアマイル(4着)は0秒1差とはいえ、牝馬同士で勝ち切れなかったわけだから。さらに相手が強くなるここではどうかと思うぞ。

 西谷:脚を回すように走る馬が、前回みたいな雨馬場で勝てるわけないじゃないですか。むしろ不向きな条件で力を見せたと考えるべきです。

 山口:ヴィクトリアマイル組で押さえるならリスグラシューのほうだろ。外枠が響きながらもよく2着まで押し上げた。

 西谷:こちらこそ牡馬相手ではどうかまだ分かりませんよ。東京新聞杯を勝っているとはいえ、その走破時計は翌週の1000万平場と同タイム。だったら桜花賞に近い時計でアーリントンCを勝っているタワーオブロンドンに目が行きます。

 山口:藤沢和厩舎の4頭なら末堅実なサトノアレスだろ。しかも東京は不良馬場の富士Sを除けば〈1・2・1・0〉。大崩れはまず考えにくい。

 西谷:藤沢和勢ならムーンクエイクも侮れません。今年に入っての馬体の成長度といい、控える競馬で新味を見せた京王杯SCの勝ちっぷりといい、目下の充実ぶりは注目です。