【安田記念登録馬】大阪杯1着のスワーヴリチャード 初マイル対応ならGI連勝狙える

2018年05月21日 11時30分

 古馬のマイル王決定戦・第68回安田記念(日曜=6月3日、東京芝1600メートル)の登録馬が20日、別掲の通り発表された。

 大阪杯1着のスワーヴリチャードは不安視されていた右回りを克服して悲願のGI初制覇。東京は過去4戦2勝全連対で絶好の条件だが、距離短縮が未知数。初のマイルに対応できればGI連勝も狙える。

 同2着のペルシアンナイトはマイル<3・0・1・1>の巧者。昨年のマイルチャンピオンS以来となる2度目のGI制覇に期待がかかる。

 マイラーズCをコースレコードで差し切ったサングレーザーは速いペースの展開利を受けた感もあるが、上がり33秒2の末脚が光った。上位進出は可能だろう。

 ヴィクトリアマイル勢は女王になったジュールポレールは回避になったが、ハナ差2着のリスグラシューは勝ち馬へあと一歩に迫っており軽視禁物。京王杯SC上位3頭のムーンクエイク、キャンベルジュニア、サトノアレスも十分に馬券圏内だ。

 2016、17年のスプリンターズS連覇のレッドファルクス、ドバイターフ3着のリアルスティールも要注意。海外からはウエスタンエクスプレスが参戦する。