【オークス】マウレア 楽々と1馬身先着「距離が延びるのは大丈夫」

2018年05月16日 20時43分

【オークス(日曜=20日、東京芝2400メートル)注目馬16日最終追い切り:美浦】マウレア(写真手前)は嶋田(レースは武豊)を背に南ウッド5ハロンから同厩の古馬1600万下を3馬身追走。4角で内に潜って並びかけ、直線一杯に追われる僚馬を尻目に楽々と1馬身先着した(68・0―38・2―12・9秒)。陣営は桜花賞5着からの巻き返しに意欲を見せた。

 手塚調教師「競馬で切れ負けしているので、サッと抜け出す練習。いい反応だったね。折り合い面や立ち回りのうまさから距離が延びるのは大丈夫。相手も強いけど、前走は外枠の分の厳しさもあったので」