【オークス】パイオニアバイオ 脚取りしっかり「距離延長は歓迎」

2018年05月16日 20時40分

【オークス(日曜=20日、東京芝2400メートル)注目馬16日最終追い切り:美浦】パイオニアバイオは南ウッドで馬なり単走。長めから追われたものの最後まで脚取りはしっかり。相変わらず頭の高い走法ながら、スタミナは十分だ(6ハロン82・1―37・7―13・2秒)。

 牧調教師「センスの高さや血統面から距離延長は歓迎。この中間はカイバもよく食べている。リズムよく運べば」