【ヴィクトリアマイル】ミスパンテール 状態面に太鼓判「研ぎ澄まされた体に」

2018年05月09日 21時02分

【ヴィクトリアマイル(日曜=13日、東京芝1600メートル)注目馬9日最終追い切り:栗東】4連勝中(重賞3連勝)のミスパンテールは西谷(レースは横山典)を背に坂路で単走。4ハロン53・9―12・5秒をマークした。陣営は状態面に太鼓判を押し、オークス(10着)以来のGI挑戦にも自信満々だった

 昆調教師「直前はあまりやることはないと思って、馬なりの指示を出しました。前回(阪神牝馬S)は余裕を持っての仕上げだったけど、今回は研ぎ澄まされた体になり、調子も上がっています。東京コースは気にならないし、輸送も問題ない。過去のGIを取った馬たちと比べても遜色ないので、自信を持っていける」