【京王杯SC】ダンスディレクター 2馬身先着「広いコースの千四のほうが競馬しやすいはず」

2018年05月09日 20時34分

【京王杯スプリングカップ(土曜=12日、東京芝1400メートル=1着馬に6・3安田記念優先出走権)注目馬9日最終追い切り:栗東】ダンスディレクター(写真手前)は坂路でロードアルペジオ(古馬1600万下)と併せ馬。道中は僚馬を見る形で進み、残り1ハロン手前で馬体を併せる。最後まで余力を残して2馬身先着した。

 前日から続く降雨で重い馬場だったが、それをものともせずラスト12・6秒(4ハロン54・4秒)。力強い伸びで好調をアピールした。

 笹田調教師「馬場を考慮して指示したけど、予定通りの内容だった。順調にきているね。これまでのレースぶりから、広いコースの1400メートルのほうが競馬もしやすいはず」