【RⅠZⅠN】復帰戦白星の中井りんに榊原実行委員長がラブコール

2018年02月26日 16時30分

圧巻の内容でキム(左)を撃破した中井

 2016年12月29日の格闘技イベント「RⅠZⅠN」さいたま大会で女子レスリングの村田夏南子(24)を裸絞めで破った“エロつよクイーン”中井りん(31)が、復活の道を歩み始めた。24日の総合格闘技イベント「DEEP」有明大会で約1年2か月ぶりの復帰戦を白星で飾り、早くもRⅠZⅠNの榊原信行実行委員長(54)からラブコールを送られた。

 中井は24日の総合格闘技イベント「DEEP82 IMPACT」(ディファ有明)でキム・ヨンギ(24=韓国)に1RTKO勝ちで完全復活をアピールした。中井は柔道をバックボーンに持つキムに対し、スタンドでの打撃勝負を挑むと、的確なパンチで圧倒。最後は高速タックルでテークダウンを奪いパウンドの雨を降らせて1R4分37秒、TKO勝ちした。

 中井は「今回は本当に、ファンの皆様に支えられた1年間でした。ありがとうございます。これからもDEEP、よろしくお願いします」と頭を下げ、得意の伸身宙返りを2回披露して喝采を浴びた。そんな姿に驚きの表情を見せたのが、榊原実行委員長だ。

「少しはブランクを感じさせるかもしれないと思っていましたが、全くそんなことはなかったですね」と復活勝利を絶賛。「中井選手が行けるのであれば早い段階でオファーを出したい。同じ階級で渡辺華奈、杉山しずか、真珠・野沢オークライヤーと選手も出てきているので」と具体的な名前も出しつつ、ラブコールを送った。“エロつよクイーン”が再びRIZINで脚光を浴びる日はそう遠くなさそうだ。