【RIZIN】“新問題児”ケイプ 3日間で2度の乱闘騒ぎ

2017年10月17日 16時30分

マッコール(左)に詰め寄るケイプをあわてて制止する関係者

 格闘技イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GP2017 バンタム級トーナメント 2nd ROUND」(12月29日、さいたまスーパーアリーナ)の組み合わせ抽選会で“新問題児”マネル・ケイプ(23=アンゴラ)が、あわや大乱闘の騒動を起こした。

 抽選会でマッコールの対戦相手に自ら名乗り出ると、額がぶつかるまでに接近して挑発。マッコールも応戦し、スタッフが慌てて制止に入った。ケイプは福岡大会の公開計量(14日)でも山本アーセン(21)と乱闘騒ぎを起こしたばかりだ。

 3日間で2度も乱闘騒動を引き起こしたケイプは、その後も反省する様子もなく「こいつはさっきから怖くて震えている」「アーセンは1分で倒したから、こいつは3分だ」などと暴言を連発。写真撮影でもマッコールに意図的にかぶるなど挑発を繰り返して激怒させ、早くも自分のペースに引き込んでいた。