【RIZIN】RENA目指すは“視聴率絶対女王”

2017年08月19日 16時30分

RENAはポスターの中央に掲げられた自身の写真を指さした

 総合格闘技「RIZIN 2017 in FUKUOKA―秋の陣―」(10月15日、マリンメッセ福岡)で行われる女子スーパーアトム級トーナメントの全カードが18日、発表された。注目はもちろん、優勝候補筆頭のRENA(26)だ。1回戦でアンディ・ウィン(35=米国)と対戦する“シュートボクシングの絶対女王”は、トーナメント制覇にかける思いを激白。決勝ラウンドが開催される大みそかでは「視聴率女王」となることを誓った。

 ――1回戦で戦うアンディ・ウィンについて

 RENA:寝技が得意ということは分かっていますけど、そこで止まるわけにはいかない。私は優勝するつもりなので。

 ――準決勝(大みそか)には、昨年9月25日に一本勝ちした山本美憂(43)が上がってくる可能性もある

 RENA:正直、私は再戦を望んでいないですけど、盛り上がるならそれでいいかなって。現状では「まだいいんじゃない?」と思うんです。1回勝った相手とやるには、何かしらのプラスアルファが欲しい。「今やったらやられちゃうかも」っていうのを感じさせてくれれば「やりたい」ってなるんですけど。

 ――10月の1回戦でそう感じさせてくれと

 RENA:はい。10月は楽しみですね。

 ――やはり目指すは大みそかのメーンで優勝か

 RENA:男子のトーナメントもあるから(試合順は)分からないですけど、大会の最後に勝って、ベルトを巻きたいっていうのはありますね。

 ――視聴率女王としても期待される。過去RIZINの瞬間最高視聴率はRENAvs美憂と、RENAvsハンナ・タイソン(昨年大みそか)の10・9%がトップ2(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 RENA:そうなんですか!? やったー!!

 ――大みそかで決勝まで進んで、それ以上の数字を叩き出す

 RENA:今年は20%を目指したいですね。目標は大きく。「大みそかは格闘技」っていうのを取り戻したい。どうしたら20%取れますかね?

 ――ゲス不倫で注目されるとか

 RENA:いや、それだと大ブーイングされちゃうじゃないですか。

 ――それは冗談として、芸能活動でのPRも重要になってくる

 RENA:そうですね。そっちも頑張りたいですね。最近はテレビ出演も点が線になってきた気がします。“蹴り要員”として。

 ――芸能活動が忙しくなって、本業の格闘技への影響は

 RENA:いや、むしろプラスですね。いろいろ言われることもあるじゃないですか。そういう声が耳に入ると「コノヤロー」って思うんです。「こんなことしてるから負けたんだ」とか言われるのは絶対に嫌なんで。だからそういう声もむしろ力になっています。