【RIZIN】山本アーセン「折れない心、あきらめない姿勢を見てもらいたい」

2017年08月18日 20時03分

山本美憂(左)と山本アーセン

「RIZIN 2017 in FUKUOKA—秋の陣—」(10月15日、マリンメッセ福岡)の会見が18日、都内で行われ男子のバンタム級トーナメント2カードと女子スーパーアトム級トーナメントの3カードが発表された。

 男子は7月30日のさいたま大会でAブロック3試合が行われ、堀口恭司らが12月29日の2回戦に進出を決定している。この日はBブロックとして「山本アーセン(20)VSマネル・ケイプ(23=アンゴラ)」、「石渡伸太郎(32)VSアクメド・ムサカエフ(ロシア)」を発表した。アーセンは「折れない心。最後まであきらめないでいく姿勢を見てもらいたいです」ときっぱり。現役で同級の「キング・オブ・パンクラシスト」の石渡は「大みそかに堀口選手にリベンジするための1回戦。きっちり勝ち上がりたい」と2013年6月22日の「VTJ」で喫した黒星のリベンジに闘志を燃やした。

 一方、女子トーナメントは「山本美憂(43)VSアイリーン・リベラ(24=スペイン)」「アリーシャ・ガルシア(23=米国)VSマリオ・オリベイラ(20=ブラジル)」が決定。さらに「DEEP JEWELS」(8月26日、新宿フェイス)で行われる「石岡沙織(29)VS浅倉カンナ(19)」の勝者がシルビア・ユスケビッチ(22=ポーランド)と対戦することも発表された。