【RIZIN】神取vsギャビ・ガルシア正式発表! 早くも一触即発

2016年11月26日 15時44分

にらみ合うギャビ・ガルシア(左)と神取忍

「RIZIN FF」は26日、都内のホテルで会見を行い、当サイト既報の通り、“ミスター女子プロレス”神取忍(52=LLPW‐X)と“猛女”ギャビ・ガルシア(31=ブラジル)が大みそかの「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND‐PRIX 2016」(さいたまスーパーアリーナ)で対戦すると正式発表した。

 

 早くも2人の間には激しく火花が散った。揃って会見に登場すると、まずはガルシアが「そもそもなぜ神取さんが対戦相手なのかしら。ほかにもふさわしい選手がいたんじゃないのかとも思うけど…。相手が女でも男でも、レスラーでもぶっ飛ばすわ。やれと言われればやるだけ。リングで思いっきり殴るから、先に謝っておくわ。ソーリー」と先制“口撃”だ。

 

 これに神取も「私はこの選手よりも大きい選手や男の選手ともやってきた。恐れることはない。ギャビの心を折ってやります」と負けじと応戦。さらに「初めて会ったけど、気迫がないね。思った以上に威圧感がなくてがっかりしています」と挑発を続けた。

 

 コスメやネイルなどに熱心で“乙女心”にこだわるギャビだが、これにはさすがにムッときた様子。「今日は威圧するために来たんじゃないから。今日の私はきれいでしょう? リングに上がったら驚くわよ」とイラつきを隠せない様子でドレスをなびかせた。

 

 その後の写真撮影でもイライラは収まらず、16センチもの身長差を誇示するように上から神取を見下ろしたり、小指を立てて向けるなど挑発。その手を神取が払いのけるとあわや乱闘寸前になり、高田延彦統括本部長が間に入るひと幕もあった。

 

 いよいよ正式決定した猛女vsミスター女子プロレスの世紀の一戦。大荒れとなることは間違いなさそうだ。