【RIZIN】山本美憂 息子アーセンになぐさめられ総合格闘技参戦継続

2016年09月26日 16時35分

RENA(左)のフロントチョークにタップした山本美憂

「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND―PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦」(埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で総合格闘技初挑戦となった女子レスリングの元世界女王・山本美憂(42)は、シュートボクシングの絶対女王・RENA(25)に敗れた。

 

 デビュー戦勝利を狙う山本は、序盤から積極的にタックルを仕掛けていく。しかし1R終了直前のタックルを捕獲されると、アームトライアングルチョークをガッチリと決められてそのままギブアップ。1R4分50秒で無念の敗北となった。山本は「悔しいです。絶対勝つつもりだった…」とうなだれた。

 

 それでも闘志は消えていなかった。試合後には息子・アーセンから「俺もデビュー戦黒星だったし、次は勝つよ」となぐさめられたことを明かしながら「始めたばかりだし、負けて終わりたくない」とキッパリ。初勝利を目指し総合格闘技への継続参戦を誓っていた。