【RIZIN】サトシ・ソウザがリベンジ誓う「面白い試合したい。違うサトシを見せたい」

2022年04月15日 17時49分

ジョニー・ケース戦へ意気込んだサトシ(東スポWeb)
ジョニー・ケース戦へ意気込んだサトシ(東スポWeb)

 最強王者が新境地を予告だ。格闘技イベント「RIZIN.35」(17日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ)で、ジョニー・ケース(32=米国)の挑戦を受けるRIZINライト級王者のホベルト・サトシ・ソウザ(32=ブラジル)が、勝利を予告した。

 ソウザは2019年10月にケースと対戦。ボンサイ柔術を武器に参戦から2連勝で注目を集め始めていた時期だったが、懸念されていたスタンドの攻防でもろさを露呈して1R1分15秒、スタンドでのパンチで敗れた。

 だが、その日から現在までソウザが公式戦で喫した黒星はこの1敗のみ。スタンドでの打撃も元SB世界スーパーライト級王者の〝怪物くん〟こと鈴木博昭と練習を重ね飛躍的に成長を遂げた。それだけに、この再戦に向けてソウザは「本当に、この試合やりたいから」と待ち望んでいた一戦だったと力説。相手を「世界のトップ選手だから強い」と高く評した上で「でもいろいろのプランの練習した。でも時々変わるから」とさまざまなパターンで葬る策を練ってきたと明かす。

 さらに同じ轍を踏むことはないとばかりに「面白い試合したい。違うサトシを見せたい。全部が違う。気持ちとか変わった」。ド派手な勝利で2年半前のリベンジを果たしたいところだ。

 対するケースは19年大みそか以来の日本に「最高の気持ち。このような機会が与えられて、この時点で勝った気でいるよ」と笑顔。来日できない期間は米国で3試合ボクシングの試合をしており「ボクシングの練習もするようになり、その技術を学びなおした。おかげでレベルは特に上がったよ」と打撃技術が向上したと胸を張る。そして相手のソウザを「スキルは競技者として素晴らしいが、ファイターではない。心の中の情熱を持っていない。最初の試合でそれを証明したので、今回も証明したい」と評し、返り討ちと王座奪取に自信をみなぎらせた。

【関連記事】

関連タグ: