【RIZIN】まさかの舞空術習得? グスタボが矢地を返り討ち予告「3年前から何の進化もしていない」

2022年04月14日 18時28分

意気込みを語るグスタボ(東スポWeb)
意気込みを語るグスタボ(東スポWeb)

 格闘技イベント「RIZIN TRIGGER 3rd」(16日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ)で矢地祐介と再戦するルイス・グスタボ(25=ブラジル)が余裕の返り討ちを宣言した。

 グスタボは2018年8月の名古屋大会で、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった矢地にパンチのラッシュで2ラウンド(R)KO勝ち。今回は3年ぶりのリマッチだが「直近の3試合を見たけど、矢地は3年前から何の進化もしていない。全く問題ない」と笑みを浮かべた。

 コロナ禍で来日できなかった2年間は地元で練習漬けの日々だったといい「パンチ、柔術、ムエタイ、レスリングなどさまざまな練習を積んできたよ。おかげで総合的なアスリートになった」と自信たっぷり。「ドラゴンボールZみたいな空中技(舞空術?)もできるぜ」と冗談を口にするひと幕もあれば「その気になれば、かめはめ波も打てる」と笑いを誘った。

 試合展開について「この試合は激しい戦いになる。3Rまでいこうが、俺が彼をボコボコにするから」と強気の予告。「ずっとRIZINで戦いたかった。日本のファンの温かさに感謝している。17日はいい試合にしたい」と意気込むグスタボが、再びお祭り男に悪夢を見せる。

関連タグ: