【RIZIN】榊原CEOがシバターに言及「誰も多分見たくないし触りたくないと思う」 

2022年02月23日 22時16分

シバター(左)に言及した榊原CEO(東スポWeb)
シバター(左)に言及した榊原CEO(東スポWeb)

 格闘技イベント「RIZIN」のケージ大会「TRIGGER 2nd」(23日、静岡・エコパアリーナ)で、榊原信行CEO(58)が改めて人気ユーチューバーのシバターに言及した。

 昨年大みそか大会でシバターは久保優太にMMA戦で勝利したが、この試合が「八百長だったのではないか」との疑惑を持たれ、ネット上で大きな波紋を呼んだ。

 この日、榊原CEOは、〝キック界のドン・ファン〟こと皇治に「RIZINのために男気を見せて」と「RIZIN.34」(3月20日、丸善インテックアリーナ大阪)出場を厳命した。その流れで報道陣から「対戦相手はシバターなど…」との質問が飛んだ。大みそか大会前に皇治はシバターと交渉過程の暴露合戦を繰り広げた因縁の間柄だ。

 榊原CEOは「ないですね。誰も多分見たくないし触りたくないと思う。多くファンや純粋な格闘技ファンにマイナスのことを起こしてしまった。もしまた出すことがあるとするならば、ファンや命を懸けて戦う選手たちに理解をされるタイミングや状況が来たら考えるべきこと。大阪でやらせることは1ミリも考えてない」と語った。

関連タグ: