朝倉未来がシバターと久保優太を断罪 もう1つの八百長疑惑には「法的措置を視野」

2022年01月06日 18時28分

怒りの朝倉未来(東スポWeb)
怒りの朝倉未来(東スポWeb)

 格闘家の朝倉未来(29)が6日、自身のユーチューブチャンネルに動画を公開。ユーチューバーのシバターと元K―1王者・久保優太の〝八百長疑惑〟について自身の見解を語った。

 シバターは昨年大みそかの「RIZIN.33」で久保に1Rで勝利。しかし、その後久保がシバターから台本を持ちかけられたことを主張し、5日にはユーチューバーのコレコレの生配信で実際の電話音声が流出した。その中でシバターは困惑する久保を説得するために、昨年7月に行われた1分間バトル「BREAKING DOWN」でお笑い芸人のみなみかわとの一戦も「デキレース」だったと話していた。 

 この音声に朝倉は「八百長みたいなこの話はたぶんRIZIN史上初めて起こったことです。八百長みたいなことが起きたからって、他の試合が八百長だと言ってる人は見る目がないなと。普通に試合見たらわかるでしょ」とコメント。

「八百長するメリットがないんですよね。選手は負けたら終わりなんで」と断言した。

 続けて自らが主催するBREAKING DOWNでの八百長疑惑は、朝倉がみなみかわに確認したところ、シバターから電話はあったものの、みなみかわは無視したという。朝倉は「そんなことが行われるとは思ってなかったし、今後は申し合わせとか八百長があった場合は出場選手にデメリットがある契約内容に変えていこうかな」と語った上でシバターに対しては「法的措置も視野に考えています」とした。

 朝倉はシバターの作戦は「本当にクズで、あってはいけない」としつつも、久保がシバターを見抜けなかったこと、台本を受け入れたことを非難。さらに久保が電話音声を公開したことについて「どんな影響があるのかわかっていたにもかかわらず、自分の汚名返上のために出したと思うんですよね」「久保選手が勝ってたら出してないし、負けてからそういう言い訳をしてるというのはダサい」と断罪した。

 そのうえでシバター、久保双方に対して「すごく迷惑をかけている。格闘技界を冒涜というか、本気でやってる選手、関係者に飛び火している」と苦言。続けて「今回の件はRIZINから2人に対してしっかりした措置を取ってほしい」と要望した。

関連タグ: