那須川天心 RIZINラストマッチで涙した理由を激白! 6月の武尊戦は「絶対勝つ」

2022年01月02日 23時12分

最後のあいさつで涙を見せた那須川(東スポWeb)
最後のあいさつで涙を見せた那須川(東スポWeb)

 RIZINを卒業した那須川天心(23)が2日、ユーチューブの「那須川天心チャンネル」でお正月生配信を実施。大みそかに臨んだ「RIZIN.33」エキシビションマッチと、6月に対戦が内定したK―1エースの武尊(30)戦について語った。

 元PRIDEライト級王者の五味隆典(43)と対峙したエキシビションマッチについて「普段とは心境が違った。スタイルも違ったし…。いつもなら駆け引きしたりするけど〝もう知らねー〟って感じでパンチ受けてた」とし「肩にもらって今も痛いし、脱臼しそうって感じだった。ヤバいっす」としながらも「心が揺さぶられた」と振り返った。

 その上で試合前には舞台裏で涙していたことを告白。「あおり(映像)がズルい! 裏で見てて泣きました。勝敗もないのに(ファンが)迎え入れてくれたのも感極まっちゃって…」とし、RIZINでのラストマッチについても「実感はない。5年間試合をしていて年末とかクリスマスを経験していなかったので…。(今後も)出たりしてね、やめへんでーってね」と冗談を交えてコメントした。

 また、6月に対戦が内定した武尊戦に向けて「大きな試合があるんで」とし「絶対勝ちますよ」と話すと、生配信中に「勝ってね」とのコメントが寄せられたことに「当たり前だろ」と力を込めていた。

関連タグ: