【RIZIN】RENA「私、アニオタ化進んでるんですよ」 14か月ぶり復帰戦で見せる“進化”

2021年11月20日 06時15分

インタビューに応じたRENA(東スポWeb)
インタビューに応じたRENA(東スポWeb)

 女子格闘技人気を再加速させろ! 格闘技イベント「RIZIN.32」(20日、沖縄アリーナ)での山本美憂戦で1年2か月ぶりにリング復帰するRENA(30)がインタビューに応じ、思いを激白した。長期にわたり、リングから遠ざかった理由や今後の目標、現在の練習状況を激白。さらにかねて兆候が見られていた〝アニオタ化〟に拍車がかかっていることも判明した。


 ――久々の試合を前に今の思いは

 RENA 懐かしさもありつつ「こんなにワクワクするものだったのか」っていうのが久しぶりに感じられました。

 ――リングから遠ざかっていた理由は

 RENA 東京ドーム大会とか、一応お話を頂いていたのは2、3回あったんですけど、コロナで試合が本当にあるのかないのかというのがあって…。それに試合をさせてもらっても〝先〟がないというか。(練習仲間の)浜崎(朱加)さんが(同じスーパーアトム級の)チャンピオンなのでそのベルトに挑む気持ちを作っていくのは燃えないというか。ズルズルとスイッチが入らなかったですね。目標が見えなくなった? そうですね。

 ――そんな中、今回の〝復帰〟を決めたのは

 RENA 相手が山本美憂さんということで意味のある試合だと思ったので。(契約体重が)50キロでも「全然いい」って言ってくださったし、沖縄だし、KIDさんのこともあるでしょうし。その気持ちに応えないのは違うなって思ったので、頑張ろうと思いました。

 ――RIZINのベルトに代わる新目標もできた

 RENA そうですね。もう1回アメリカに行きたい。話の中で榊原(信行CEO)さんが「こういうのもあるよ」って提案してくれて火をつけてもらったというか。すごい燃えてますよ。

 ――今大会、皇治やボビー・オロゴンと言った話題の選手、タレントもいる中で女子がメインを任されたことについては

 RENA 私と美憂さんだからメインを勝ち取れたというのは大きいと思うんで。でも、今は男性に勢いを取られているのは感じているので。受け取り方としては「もう1ランク(女子格闘技の)ギアを上げてほしい」っていうRIZINのメッセージがこもっていると勝手に思います。勝って女子格闘技を再加速させたい? まさにそう!

 ――練習環境は

 RENA KJ(PERFORMANCE GYM)っていうところでウエートトレーニングと減量を見てもらって、BRAVE GYMで宮田(和幸)さんに練習を教わるようになって。で、AACC、シーザージムと今はジム4つでやってるんで、おのずと練習量が増えるというか。毎日どこかで練習してる? はい。休みは作らないとない、みたいな。

 ――練習が忙しそうだが、リラックスのお供は

 RENA アニメを見まくってます。前よりもさらに。

 ――最近はどのジャンルがお気に入りですか。以前は鬼滅の刃にハマってましたが

 RENA いろいろ見てますけど、最近は転生物が多いですね。

 ――ちょうど今年は、転スラ(転生したらスライムだった件)の2期もやってましたしね

 RENA あれもメチャクチャ好き。あとは暗殺者(世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する)とか。「無職転生」とか。「進化の実」も面白かったですね。

 ――僕は「ありふれた職業で世界最強」も好きですが

 RENA あー、そうそう! 見た見た。ホントに私、アニオタ化進んでるんですよ。毎日ずっとアニメ見てますから。移動の時とか。

 ――最後に転生ものっぽく今回のテーマを

 RENA そうですねえ。「転生したら全レベルが上がっていた件」(ニヤリ)

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ