【RIZIN】“ブラックパンサー”ベイノア掲げる「珍目標」 デビュー戦での洗礼忘れられず

2021年10月29日 19時15分

ロクク・ダリ(右)と対戦するベイノア(東スポWeb)
ロクク・ダリ(右)と対戦するベイノア(東スポWeb)

 格闘技イベント「RIZIN.32」(11月20日、沖縄アリーナ)の会見が29日、都内で行われ、RISEウエルター級王者でお笑い芸人「けとるべる」のボケ担当の“ブラックパンサー”ベイノア(26)とコンゴ出身のロクク・ダリ(28)の対戦が発表された。

 ベイノアが「2つの誓い」を立てた。6月にRIZINデビューを果たし、元DEEP王者の弥益ドミネーター聡志に挑むも判定負け。「周りからいい評価をいただいてはいるんですけど、勝ってRISEの強さを証明しないといけない」とリベンジに燃えており、2戦目となる今回は「まずは勝つこと」と力強く語った。

 さらに、ベイノアは「(ビーズソファの)yogiboに座りたい」と〝珍目標〟も掲げた。「試合後のインタビューで勝者も敗者もyogiboに座って受けていたんですけど、自分とシビサイ選手だけなぜかパイプ椅子に座って受けて…」。理由は不明だが、まさかの〝扱い〟が忘れられず、次こそリラックスした状態で取材に応じたいという。

 ベイノアは「前回は勝ちたいとだけ言ったんですけど、今度は勝ち方にもこだわって、やはり極真は一撃だと思うので、そういうところを見せたいと思います」と気合十分。W目標を達成できるか。

関連タグ:

ピックアップ