【RIZIN】牛久がフェザー級王者の斎藤と朝倉未来の再戦機運に怒り 「俺を倒してからにしろ」

2021年10月22日 13時43分

試合前会見で意気込みを語った牛久絢太郎
試合前会見で意気込みを語った牛久絢太郎

 格闘技イベント「RIZIN.31」(24日、神奈川・ぴあアリーナMM)でRIZINフェザー級王者・斎藤裕(34)に挑戦する牛久絢太郎(26)が22日、試合前会見で意気込みを語った。

 RIZIN初参戦でのタイトルマッチに牛久は「まさか決まると思ってなかったのでビックリしましたね。斎藤選手とずっとやりたかったので嬉しかった」と腕をぶす。王者に斎藤の印象については「オールラウンダーで、総合で強い選手だと思います。かなりキツイ、しんどい展開になると思うので、どの場面でもキッチリ戦える準備をしてきたんで、それを出すだけです」と明かし、総力戦になるとの見方を示した。それでももちろん勝機はある。「お互い出してない部分があると思うので、そこがキーポイントになるのかなと。そこはお楽しみですよ」と不敵な笑みも浮かべた。

 フェザー級では朝倉未来がリベンジを狙い斎藤に挑戦状を叩きつけている。だが牛久は「まずはこの試合があるよ、というのを見せますので」と、キッパリ。「心中穏やかではないのか?」という質問に対して「それは思いますね。まずは俺を倒してからにしろよという気持ちはありますね」と不快感を示しつつ、王座戦で自身の存在を証明する決意をのぞかせた。

関連タグ:

ピックアップ