【RIZIN】11・20沖縄大会で山本美憂が5年ぶりにRENAと再戦「今回、リベンジします」

2021年10月13日 17時19分

メインで対戦するRENA(左)と山本美憂
メインで対戦するRENA(左)と山本美憂

 格闘技イベント「RIZIN.32」(11月20日、沖縄アリーナ)の会見が13日に同会場で行われ、元レスリング世界王者の山本美憂(47)とシュートボクシングの〝絶対女王〟ことRENA(30)の2度目の対戦が発表された。

 初の沖縄開催で5年ぶりの再戦が実現する。2016年リオ五輪の道が断たれ、総合格闘技参戦を決めた美憂は同年9月のRIZINデビュー戦でRENAに一本負けを喫した。それから沖縄を拠点に活動していることもあり、榊原信行CEOに今大会への出場を志願した。

 美憂は「沖縄と聞いてぜひ出場させてほしいと思った。デビュー戦のころよりは成長して強くなったと思うので、皆さんにはいい試合をお見せできると思う。今回、リベンジします」と言葉に力を込めた。

 デビュー戦については「タックルに入ることしかできず、レスリングと違って相手を押さえつけるプレッシャーも全くできていなかった。打撃もゼロだった」と振り返る。それでも「今回は打撃、寝技、レスリングと持っているものを全部出して私のペースで試合を運んでいきたい」とイメージを描く。昨年大みそか以来、10か月ぶりの試合でどんな攻防を見せてくれるか注目だ。

関連タグ:

ピックアップ