【RIZIN】フェザー級王者・斎藤裕の素顔「格闘技オタクみたいなところはありますね」

2021年10月10日 05時15分

ロングインタビューに応じた斎藤裕
ロングインタビューに応じた斎藤裕

 チャンプの素顔は「格闘技オタク」!? 格闘技イベント「RIZIN.31」(24日、神奈川・ぴあアリーナMM)のメインで牛久絢太郎(26)を迎え、初防衛戦を行うRIZINフェザー級王者・斎藤裕(34)がインタビューに応じ意気込みを語った。二転三転の末に決まったカードへの思いは…。


【斎藤裕インタビュー(1)】

 ――次戦は、24日にメインで牛久とタイトル防衛戦をすることで決まった。まず意気込みを

 斎藤 自分の実力、腕が問われるところなので、そこに応えたいのと、試合自体もいい内容にして結末もみなさんが「おお!」と声を上げるようなものにしたいですね。

 ――対戦相手の印象は

 斎藤 自分の形に持って行くためにひたすら任務を遂行する〝頑張る選手〟という印象があります。体力もありますし、いい選手だなあと思いますね。

 ――過去の試合もかなりしっかり見ているようだが…

 斎藤 基本的に僕は階級が違っても、いろんな大会の映像をチェックしているので。牛久選手の場合は団体も違うんですけど、その都度見ていましたね。(有力団体の試合は)大体見ています。特に(体重が)近いバンタム、フェザー、ライトくらいの選手の試合はよく見ますね。

 ――それは「いつか対戦するかもしれないから」なのか、それとも「研究のため」なのか、「シンプルに見るのが好き」だからなのか、どの理由が一番強いのか

 斎藤 単に「今日見たこの選手が3年後どういう風になってるんだろう」とか、そういう風に(考えながら)見るのが楽しいです。試合を見るのは好きですね。現地に行くのが一番。疲れるんですけど(会場で見るのが)一番面白いと思います。

 ――もともとK―1ヘビー級が好きで格闘技にハマったそうだが、今でも観戦が好きだと

 斎藤 格闘技オタクみたいなところはありますね(苦笑い)。選手は若手の選手からベテランの選手まで知っている方だと思うので。

 ――ここまでRIZINで3連勝。RIZINのリングとの相性の良さみたいなものは感じているのか

 斎藤 いろんな意味で水が合ってるのかなあという気はしています。自分の意図しないところで(ネット上で)燃え上がったりというのがあって、それが結構連鎖を呼んで大きくなるっていうのが多いので(苦笑い)。そういうことって、ほかの選手はあまりないと思うので。だから自分が試合のたびにそういう風になるっていうのは、なんかあるのかなって思いますね。不思議だなあって。

関連タグ:

ピックアップ