【RIZIN】浅倉カンナに挑むDEEP2冠・大島沙緒里 リング外の “格闘” 明かす

2021年10月09日 21時15分

公開練習後に取材に応じた大島沙緒里
公開練習後に取材に応じた大島沙緒里

 格闘技イベント「RIZIN.31」(24日、神奈川・ぴあアリーナ)でデビューする大島沙緒里(26=AACC)が9日、都内で公開練習を行い、オンラインで報道陣の取材に応じた。

 DEEP女子ミクロ級、DEEP JEWELSアトム級の2冠女王の大島は初参戦となる今回、浅倉カンナ(23=パラエストラ松戸)に挑む。相手の弱点を突くことよりも自らの長所を伸ばすことを重視しているようで「(試合のイメージは)一本を取る。アームロック以外でも十字で取ったりしている。他の関節技も練習しているので、どれで取るかは決めていませんが、一本で勝とうと思っています」と意気込みを語った。

 私生活では双子の娘を持つ母。2人の子供は来月3歳の誕生日を迎えることから「私は3歳から柔道を始めた。(娘たちも)3歳になったら柔道を始めさせようと思って、柔道着を買っています」と笑顔を見せた。

 もちろん、自身の姿を伝えたいという思いも強い。「子供が大きくなって写真を見返したときに『お母さん、この舞台で戦っていたんだよ』と。勝つのと負けるのでは全然違うので、やっぱり勝ったと言いたいです」

 そんな大島はリング外の〝格闘〟を明かす。2人の娘が好物のカレーを作ると「バクバク食べる」そうだが「野菜は隠して入れているんですが、口の中でうまく分けて(野菜)をペッて出すんです(笑い)」。本業と同時進行で親子の戦いも続きそうだ。

関連タグ:

ピックアップ