【RIZIN】恋のマジカルチョークで完封! 渡部修斗がリオ五輪銀・太田忍との対戦直訴

2021年10月02日 21時38分

ダースチョークで内藤頌貴に快勝した渡部修斗
ダースチョークで内藤頌貴に快勝した渡部修斗

 格闘技イベント「RIZIN」初の配信大会「LANDMARK vol.1」(2日)が行われ、オープニングマッチで〝恋のマジカルチョーク〟こと渡部修斗(32)が内藤頌貴(31)に1R1分33秒で一本勝ちした。

 試合序盤に渡部は組み付き、テークダウンすることに成功。そのままサイドを取ると腕を巻き込みながら首をとり、ダースチョークで絞めあげてレフェリーが試合を止めて勝利した。

 試合後はマイクを持つと「今日は記念すべきRIZIN LANDMARK 第1回の第1試合ということですごいプレッシャーだったんですけど、しっかり一本で勝てて…。これが、マジカルチョークです(※試合後にダースチョークはマジカルチョーク3くらいであることを表明)」と歓喜。

 さらにセコンドで交際相手の総合格闘家・青野ひかるとの同時参戦もアピールした上で、自らも大みそかの参戦を熱望し「オリンピックレスラーとやりたいです」と、榊原信行CEOに直訴した。

 その後、コメントスペースでRIZINに参戦するリオ五輪レスリング男子グレコ59キロ級銀メダル・太田忍を意識してか「レスリングでメダル取った人と同じ団体で戦っているので、本当に尊敬しているので戦いたいです」と改めて訴えた。

関連タグ:
 

ピックアップ