【RIZIN】ボンサイ柔術のスポンサーに逮捕報道 ソウザとコイケは受け取った同額を寄付

2021年08月31日 19時10分

スポンサー料と同額を寄付したコイケ(右)とソウザ(リアルファイトチャンピオンシップ提供)
スポンサー料と同額を寄付したコイケ(右)とソウザ(リアルファイトチャンピオンシップ提供)

 格闘技イベント「RIZIN」に参戦するボンサイ柔術のホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケ(ともにブラジル)のスポンサーであるTHE DICE TEAM(TDT)代表が架空投資詐欺の疑いで逮捕されたとの報道を受け、2人がスポンサー料として受け取った金額が日本赤十字社静岡支部に寄付されたことが分かった。31日にリアルファイトチャンピオンシップの山田重孝代表が文書で発表した。

 同代表は「両選手がTDTよりスポンサー料を受け取っておりましたところ、今回の報道により、スポンサー料の原資となった金銭が、架空投資詐欺の被害に遭われた方々からTDTが集めたものであれば、両選手が全くそのことを知らなかったものの、両選手の意思、格闘技・柔術精神に反するものと判断いたしました」とした上で「スポンサー料の使い方を協議した結果、社会貢献につながることにしたいと判断しました」と説明した。

 さらに「今後、TDTのロゴを一切使用しないことをご報告します。またホベルト・サトシ・ソウザ、クレベル・コイケ選手がTDT及びOZ(オズ)プロジェクトの業務全般ならびに『仮想通過詐欺』にはかかわりがないことを、ここにお約束します」とした。

 6月のRIZIN東京ドーム大会ではソウザがトフィック・ムサエフとの王座決定戦を制し、RIZINライト級王座を奪取。コイケは朝倉未来を破り、ボンサイ柔術旋風を巻き起こした。

関連タグ:

ピックアップ