【RIZIN】大みそか決戦に那須川、RENA、皇治ら出場予定 榊原CEOが明かす

2020年12月10日 18時07分

榊原CEO(前列中央)と追加カードに出場する選手たち

 大みそかの総合格闘技イベント「RIZIN.26」(さいたまスーパーアリーナ)では追加カードとして、朝倉未来(28)VS弥益ドミネーター聡志(30)、倉本一真(34)VS中原太陽(37)の他、MMAルールのカイル・アグォン(31=米国)VSクレベル・コイケ(31=ブラジル)、キックルールの吉成名高(19)VSペットマライ・ペットジャルーンウィット(19=タイ)の4試合が発表された。

 RIZINの榊原信行CEO(57)によれば、他に〝キック界の神童〟那須川天心(22)、〝シュートボクシングの絶対女王〟RENA(29)、元K―1ファイターの皇治(31)の出場を予定している。

 また、女子の渡辺華奈(32)は米格闘技団体「ベラトール」と複数試合契約を結んだため、大みそか参戦が消滅。当初タイトル戦を予定していたライト級王者のトフィック・ムサエフ(30=アゼルバイジャン)は現在従軍しており、アゼルバイジャンとアルメニア紛争の戦地に立つが「軍が手放さないため」(榊原CEO)に、出場が見送られたという。

【関連記事】