【RIZIN】朝倉未来、敗れる! 斎藤裕がフェザー級ベルト奪取の〝特大インパクト〟

2020年11月21日 20時26分

勝利し手を挙げる斎藤㊧とがっくりの朝倉未来

 格闘技イベント「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール)で、初代王者を決めるフェザー級タイトルマッチが行われ、激闘の末に修斗世界フェザー級王者の斎藤裕(33)が朝倉未来(28)を撃破し、初代王者に輝いた。

 1Rは緊張感漂う静かな立ち上がり。序盤朝倉未の蹴りに対し、斎藤はパンチ中心で攻め込んだ。朝倉未の蹴りがローブローになって約5分の中断をはさんだが、それでもダメージを引きずらず打撃で真っ向勝負だ。

 すると2Rからギアを上げた斎藤が攻め込む。パンチ、ハイキックで朝倉未の顔面をとらえるとタックルも敢行。テークダウンはならなかったが、徐々に試合のペースを握った。

 最終3Rは朝倉未のパンチでグラつく場面もあったが、それでも下がらず逆にパンチのラッシュで反撃した。さらに豪快なタックルで完ぺきなテークダウンを決めるなど試合を支配して、文句なしの判定勝ちをもぎとった。

 試合後、鮮血で顔を赤くしながらマイクを持った斎藤は「対戦してくれた朝倉未来選手、ありがとうございました。このリングで戦い続ければやることもあるかもしれないので、その時またお願いします」と相手に感謝の言葉。

 さらに涙ながらに「いつも変わらず応援してくれる皆様、ありがとうございます。これからもっともっと試合をして実力を証明していきたいと思います」と話した。

 試合後には本紙でも既報していた今季限りで引退した元プロ野球阪神投手の藤川球児氏(40)がプレゼンターで登場。斎藤は藤川氏からベルトを巻かれた。