【RIZIN】那須川天心が皇治に判定勝ち 一方的な攻撃に高田延彦キャプテン「人間サンドバッグだ!」

2020年09月27日 21時46分

ダイナミックな攻撃を皇治に繰り出す那須川天心

 格闘技イベント「RIZIN.24」(27日、さいたまスーパーアリーナ)で、〝キック界の神童〟こと那須川天心(22)が元K―1ファイターの皇治(31)に判定勝ちした。

 那須川が1Rから積極的に攻め込んだ。パンチの連打、飛びヒザ蹴りと高速の攻撃を繰り出していく。しかし無類のタフネスを誇る皇治も倒れず、1R終了間際には「もっと打ってこい」とばかりに両手を広げる場面もあった。さらに2Rも那須川が一方的と言っていいほど攻め続ける。パンチやヒザ蹴りで時折グラつかせるが、それでもダウンを奪えなかった。

 最終3Rでは、テレビ解説席の高田延彦キャプテンをして「人間サンドバッグだ!」と言わしめたほど一方的な展開。那須川はノア清宮海斗から指導も受けたドロップキックも放つなど攻め続けた。最後までダウンは奪えなかった那須川だが、判定3―0で完勝。試合後は「試合前からいろいろあおられてむかつく部分もあったが、勝ててよかった。打たれ強かった。でもほぼほぼ何ももらわなかったんで良かったかなって思います」と笑顔で話した。