【RIZIN】皇治が公開練習を拒否 那須川戦で「日本中がひっくり返る試合をする」

2020年09月21日 16時15分

公開練習を行わなかった皇治

 格闘技イベント「RIZIN.24」(27日、さいたまスーパーアリーナ)で〝キック界の神童〟那須川天心(22)と対戦する元K―1ファイターの皇治(31)が21日、予定されていたオンラインでの公開練習を拒否した。

 予定の時間に登場した皇治だったが、スタートのかけ声に「やらないですよ。そんなもん試合の時の楽しみにしといてや。こっちにはもう秘策があるんで。見せれへん」と体を動かさずに質問に応じた。試合への意気込みを問われると「やることは一つ。覚悟は試合が決まった時に決まってたんで大丈夫です。日本中がひっくり返る試合をするんで」と力強く断言。さらに「今回は『30秒』にね。しょっぱなの30秒なのか、中間の30秒なのか、ラストの30秒なのか、それは言えないんですけど、30秒に〝アレ〟を。一番そこが見せ場だと思うんで、そこで何が起こるのかを楽しみにしていてください」と意味深な言葉を口にした。

 強敵だが一歩も引くつもりはなく「根性で対抗しますし、ファイターとして強くなる事を目標にしているんではなくて天心を泣かすためだけのトレーニングをしてきたんで、それを出すだけなんでね。はっきり言ったら結構簡単ですよ」。神童の弱点や対策をいくつも見つけていると言い切るが、果たして…。