【RIZIN】ベテラン金原 虎視眈々とトップを狙う

2020年02月13日 16時35分

12日に金原は渡辺華奈(右)との練習を公開

 今後を占う復帰戦になりそうだ。格闘技イベント「RIZIN.21」(22日、静岡・浜松アリーナ)に参戦する元UFC戦士の金原正徳(37)が、虎視眈々とトップの座を狙っている。

 初のRIZINマットでは、DEEPバンタム級王者のビクター・ヘンリー(32=米国)と激突する。総合格闘技ルールでの試合は約1年11か月ぶり。2014年9月のUFCデビュー戦で勝利を飾るも、その後の2連敗によりUFCからリリースされたことで「目指すものがなくなって着地点を探していた」と振り返る。

 だが「このまま、なあなあになるのはよくない」と一念発起。RIZINの舞台を選んだことについては「やりたい相手がいる」としながらも、肝心の相手については「今回勝たないと発言権がないと思う」とけむに巻いた。

 バンタム級のトップ戦線には“最強兄弟の弟”朝倉海(26)がいる。ともに練習する仲だが「自分の位置がどこなのかも分からないのに、上の選手をどうこう言うのは失礼。勝ったら言います」とこちらも口をつぐんだ。「3Rで一本取りたいが、一番は(ファンに)楽しんでほしい」と意気込んだベテランが、RIZINマットに旋風を巻き起こす。