【RIZIN】浜崎 一本勝ちへニンジン作戦

2019年12月14日 16時30分

浜崎はRENA(左)との練習でヒントを得た

“ニンジン作戦”で勝つ。RIZIN女子スーパーアトム級王者の浜崎朱加(37)が、「RIZIN.20」でのハム・ソヒ(32=韓国)との同タイトル戦に燃えている。

 13日にはシュートボクシングの絶対女王ことRENA(28)とのスパーリングを披露。普段のRENAはオーソドックススタイルだが、仮想・ハムとしてサウスポーに構えた。しかも打撃を得意とするRENAと拳を交えたことは収穫が大きく、浜崎は「(RENAの)打撃は怖い。一発があるので。試合になったら分からないですが、気持ち的には楽になるのかなと思います」と語った。

 ハムとは今回が3度目の対戦で、過去2戦は判定と相手セコンドのタオル投入によるTKOで浜崎が勝利した。そのため「最終的に一本勝ちで勝ちたい。最初から狙っていきたい」と完全決着を狙う。モチベーションを高めるのは、試合後のご褒美だ。勝利した暁には海外旅行を検討しているという。

「暖かいところに行きたいです。ビーチとか。母が前からセブ島に行きたいって言っていたんですよ。勝ったら行きたいですね」と笑顔をのぞかせた。最高の親子旅行にするためにも、まずは女王決戦を一本勝ちで制してみせる。