【RIZIN】石井慧 原点はジャッキー・チェン

2019年12月14日 16時30分

石井は交際中の柔術女王クリスティン・ミケルソン(左)とティータイム

 過酷日程を乗り切れるか。MMAファイターの石井慧(32)が、大みそかの格闘技イベント「RIZIN.20」(さいたまスーパーアリーナ)に参戦し、ジェイク・ヒューン(32=米国)と対戦する。さらに格闘技イベント「HEAT46」(来年1月19日、東京・ニューピアホール)では、保持するHEAT総合ルールヘビー級王座をかけて、クレベル・ソウザ(ブラジル)と防衛戦を行うことが決まった。

 それでも「究極にハードなスケジュールですが、チャレンジしてみたくなったんです。もしこれで潰れれば僕はそこまでの男だったということ」と意に介さない。しかも、今年の大みそかは2009年に総合格闘技デビューしてから10年の節目。「一芸10年。何ごとも10年続けないと身につかないですから。これからも継続して頑張っていくための2試合にしたい」と語気を強めた。

 現在はクロアチアを拠点としており、久々の日本での試合を前に尊敬するアントニオ猪木氏(76)に連絡を取ったという。「初心忘れるべからず」という言葉を授かり、「自分にとっての初心」を追求した結果が世界的アクション俳優ジャッキー・チェン(65)だった。「小さいころから好きで強さに憧れたんです。映画を見ると、次の日は少し強くなった気がした。間違いなく僕の原点。今は毎日のようにジャッキーの映画を見て、練習では2階のベランダから落っこちたり、壁を駆け上がったりすることを取り入れてます」

 ベランダから転落してどこがどう強くなるのか?という疑問には一切答えず「ジャッキーのすごさは自分のスタイルを貫く強さです。僕も人に何を言われようと自分のスタイルを貫こうと思います。過酷スケジュールも自分のスタイルで生き急ぎます」と宣言。最後に「日本のファンはまぶしすぎる。輝いています」と謎の言葉を残し、国際電話を切った。強さを求めて欧米諸国で戦い続ける男が、日本のリングでどんな戦いを見せるのか注目だ。

【関連記事】