【RIZIN】朝倉海の今年の一文字は「挑」最後のケイプ戦も勝つ!

2019年12月12日 17時56分

今年の漢字一文字を「挑」としたためた朝倉海

 格闘技イベント「RIZIN.20」(31日、さいたまスーパーアリーナ)で、マネル・ケイプ(26=アンゴラ)とバンタム級タイトル戦を戦う朝倉海(26)が12日、東京・トライフォース赤坂で公開練習を行った。

 2分間のシャドーボクシングで軽快な動きを披露した朝倉海は、ケイプ戦に向けて「(調子は)メチャクチャいいです。やってみないと分からないですけど、倒す自信はありますよ」と話した。その後、RIZIN FFのスタッフから促されて半紙に今年の一文字を書くことに。「これ、格闘技の公開練習ですよね?」と苦笑いしつつ「挑」としたためると「とにかく今年は挑戦の連続でしたから。堀口(恭司)選手に挑戦して、無理と言われたものを覆して勝てた。それで大みそかのタイトルマッチが決まった中で、10月に佐々木憂流迦選手と試合したのも挑戦でしたし。今年最後の挑戦も勝ちたいです」と説明した。

 さらに「ぜひ、メインは俺に任せてほしいです。俺の試合で今年を締めくくりたい」と要求。新エースへの階段を駆け上がる朝倉海がますます注目を集めそうだ。