【RIZIN】浅倉カンナ連敗脱出誓う「打撃も見せたい」

2019年08月09日 19時33分

公開練習を行った征矢(左)と浅倉

 格闘技イベント「RIZIN.18」(18日、愛知・ドルフィンズアリーナ)でアリーシャ・ザペテラ(24=米国)と対戦するRIZIN女子スーパーアトム級トーナメント覇者の浅倉カンナ(21)が9日、千葉のパラエストラ柏で公開練習を行った。

 3分間のミット打ちで順調な調整をアピールすると「RIZINで2連敗しているので、試合そのものより負けることが怖いっていう気持ちがありました。でも、それも今は打ち消すことができています」と断言。さらに「パッとしない試合が多いので、しっかり判定とかでない形で勝ちたいです。打撃の練習もやっているので、打撃も持っているぞっていうのを見せたいです」と快勝を誓った。

 また村元友太郎(24)と対戦する征矢貴(24)も公開練習を行い、軽快な動きを披露。「今は疲れがピークにきているところ。心拍数とか上げる練習をしっかりやってきたので、あとは疲れが取れれば、いい動きができると思います」と話した。難病の「クローン病」を抱えながら戦うが「ツイッターとかで同じ方から『勇気をもらいました』とかメッセージが来て、それが一番うれしいです。僕自身、そういう方々の希望になりたい」と力を込めた。