【RIZIN】那須川天心 ISKAフェザー級王座決定戦へ「1ラウンドから倒しにいく」

2019年06月01日 18時58分

マーティン・ブランコ(左)と那須川天心

 格闘技イベント「RIZIN.16」(2日、神戸ワールド記念ホール)の公開計量が1日、大阪市内のホテルで行われ、ISKA世界バンタム級王者マーティン・ブランコ(30=アルゼンチン)を迎えて同フェザー級王者決定戦を戦う“キック界の神童”こと那須川天心(20)は56・90キロで一発パスした。

 翌日の入場時に使用するガウンを着用して登場。神戸ポートタワーなどが刺しゅうされた特別バージョンで「神戸仕様です」と笑顔を見せた。試合への意気込みを問われると「ベルト関係なく…視聴率も関係なく、1ラウンドから倒しにいきます」と言い切った。

 その数分前に「視聴率を取りたい」と話していた榊原信行実行委員長を“神童ジョーク”で苦笑いさせると、すぐに「相手もしっかりトレーニングしている感じでしたし、気合も入っていた。しっかり倒しにいきたい」と戦闘モードに戻り、改めて早期決着を宣言した。