【RIZIN】那須川天心 初の関西興行「ダメージなくサクッと勝つ」

2019年05月01日 16時59分

那須川天心

 格闘技イベント「RIZIN.16」(6月2日、神戸ワールド記念ホール)の会見が1日、都内で行われ一部対戦カードと参戦決定選手が発表された。

「RIZIN.15」(4月21日、横浜アリーナ)から連戦となる那須川天心(20)はISKAフェザー級のタイトルマッチに挑む。対戦相手は現在調整中で候補者2人の中から選ばれる。那須川は「しっかりと7月のRIZEトーナメント(立ち技打撃格闘技)につなげたいと思います。ダメージなくサクッと勝って、初めての関西の興行なんですけど、しっかと盛り上げたいと思います」と意気込みを語った。

 山本美憂(44)との対戦が決まった浅倉カンナ(21)は「憧れの選手だった。全力で倒しにいきます。レスリング、パワーでは美憂さんの方が上ですけど、MMAで戦ったら勝てると思っています。タックル取ります」と力強く宣言した。

 その他のは女子スーパーアトム級タイトルマッチ「浜崎朱加(37)VSジン・ユ・フレイ(33=米国)」、「山本アーセン(22)VSティム・エスクトゥルース(36=米国)」、「国崇(38)VS才賀紀左衛門(30)」など、全12から13試合を予定。