【RIZIN】バンタム級王者・堀口が完勝 次は3冠取り

2019年04月22日 16時30分

ウィン(左)に強烈なパンチを見舞う堀口

 格闘技イベント「RIZIN.15」(21日、横浜アリーナ)でバンタム級王者の堀口恭司(28)は、米国のベン・ウィン(30)に完勝した。

 伝統派空手仕込みの左ジャブで主導権を握るや、右のストレート一閃。相手に何もさせないままマットに沈めた。試合後は「全部打撃でいくというプラン通り。皆さんの応援が拳に乗るのでもっと応援してください。2019年もKO、一本の面白い試合を見せるので」と豪語した。

 するとリングに上がったRIZINの榊原実行委員長は、米国の格闘技イベント「ベラトール」6月14日のマジソンスクエア・ガーデン大会で、ベラトールのバンタム級王者ダリオン・コールドウェル(31=米国)とのタイトルマッチを開催すると発表。「ベラトールでベルトをかけてやりますか?」と問われた堀口は「絶対やります」と即答した。

 コールドウェルは昨年大みそかに勝利した相手。「一昨年はグランプリのベルトを取って去年、バンタム級タイトルのベルトを取った。次はベラトールのベルトを取って3本のベルトを巻きたい。このままベルトコレクターになりたい」と“3冠”取りを誓った。