【RIZIN】大雅 いきなりダウン奪うも2ラウンドTKO負け

2019年04月21日 16時18分

タリソン・ゴメス・フェレイラ(右)にTKO負けを喫した大雅

 格闘技イベント「RIZIN.15」(21日、横浜アリーナ)で、元K―1スーパーフェザー級王者の大雅(22)はタリソン・ゴメス・フェレイラ(23=ブラジル)にTKO負けを喫した。

 試合は3分3ラウンドのRIZINキックボクシングルールで行われ、1ラウンド終了間際に大雅が左のヒザをボディーに炸裂させダウンを奪う。なんとか立ち上がったフェレイラに追撃を仕掛けたところでラウンド終了のゴング。惜しくもKOを逃した。

 しかし、2ラウンドに入ると形勢逆転。フェレイラにフックを面白いように当てられ、3ノックダウンを喫し、2分34秒TKOで散った。

 大雅の話「やりづらいとは思わなかったが見えないパンチをもらった。1ラウンド終わっていけると思った。そこで隙が生まれたかもしれない。今後はゆっくり考えたい」