【RIZIN】RENAが4・21横アリで再起戦 大みそか失格時の相手と

2019年04月06日 19時23分

再起戦が決まったRENA

 格闘技イベント「RIZIN.15」(21日、横浜アリーナ)のカード発表会見が6日、都内で行われ、“シュートボクシングの絶対女王”ことRENA(27)がサマンサ・ジャン・フランソワ(32=フランス)を相手に再起戦を行うことが決まった。

 昨年大みそかにフランソワ戦が予定されていたが、前日計量の前に体調不良で倒れて失格し、試合中止となっていた。その無念の欠場から仕切り直しの再スタートを切るRENAは「年末はご迷惑、そしてガッカリさせてしまったことを申し訳なく思います。このまま終わるわけにはいかないと思い準備はしてきました。声をかけていただいた以上、頑張りたい」とキッパリ。

 新元号の「令和」となる直前の試合だけに「平成の失敗は平成のうちに方をつけたいと思います。令和の時代になって『Rの時代』が再び作り出せたらなと思います」と笑顔を見せた。

 また、会見にはヤスティナ・ハバ(28=ポーランド)戦が決まっている渡辺華奈(30)も出席。「しっかり自分の実力を見せて一本かKOで決着をつけたいです」と意気込み、榊原信行実行委員長に自身の階級でのベルト新設をおねだりした。