【RIZIN】堀口恭司 大逆転勝ちでバンタム級初代王者に!「日本人、負けられないでしょ!」

2018年12月31日 23時06分

ダリオン・コードウェル(右)を撃破した堀口恭司

 格闘技イベント「RIZIN.14」(31日、さいたまスーパーアリーナ)で、RIZINバンタム級タイトルマッチが行われ、エースの堀口恭司(28)が米格闘技団体「ベラトール」の同級王者ダリオン・コールドウェル(31=米国)を下し、初代王者に輝いた。

 1ラウンド、堀口は先にコールドウェルの仕掛けを許した。打撃をかいくぐりタックルを決められ、あわやアームロックを決められそうな大ピンチに…。しかしこれを何とか脱出すると、終盤に飛び込みながら前蹴りをボディーに決めて意地を見せた。しかし2ラウンドもコールドウェルの粘りに苦しむ。序盤でグラウンドに持ち込まれると、長い手足でしつこく絡みつかれて攻めあぐねた。

 あっという間に最終3Rに突入。またもタックルを許し、苦しむかに思われたが、これがなんと堀口の張ったワナだった。2ラウンド同様、堀口を“塩漬け”にしようとするコールドウェルの首をスルスルと捕獲し、フロントチョークでギブアップを奪った。

 非の打ちどころがないスピードと知性を兼ね備えた完璧王者は「日本でやっているのに、負けるわけにいかないんで。日本人、負けられないでしょ! ベルト巻けてうれしいです!」と次に登場する那須川天心にエールを送るように、喜びを爆発させた。