【RIZIN】山本美憂がKIDさんにささげる“完封”勝利/アーセンは宮田に完敗

2018年12月31日 19時39分

長野美香(下)を判定で破った山本美憂

 格闘技イベント「RIZIN.14」(31日、さいたまスーパーアリーナ)で、山本美憂(44)が、弟で9月にがんで死去した山本“KID”徳郁さん(享年41)に完璧な勝利をささげた。

 美憂登場までKIDさんの遺伝子は苦戦が続いた。愛弟子・矢地祐介(28)は元UFCファイターのジョニー・ケース(29=米国)と激しい打撃戦を展開。しかし2ラウンド4分47秒、腫れていた右目にパンチを食らい大流血でドクターストップのTKO負け。続いて登場した美憂の息子でKIDさんのおい・山本アーセン(22)も、宮田和幸(42)に2ラウンド3分23秒、アームロックに捕獲され一本負けを喫した。

 この悔しい2連敗を受けてリングに上がった美憂(44)は“元祖美女ファイター”長野美香(35)と対戦。1ラウンドからスタンドの攻防で優位に立つと、たまらず相手が仕掛けてきたタックルを巧みに切ることにも成功。ラウンド終了まで上から強烈なパンチを打ち込み続け大ダメージを与えた。

 2ラウンドもテークダウンして上になるなど主導権は渡さず、最終3ラウンドもタックルを潰して殴り続けて相手に何もさせなかった。まさに完封で判定3―0で完勝した。