【RIZIN】仮面女子・川村虹花 否定的意見に冷静「誰もが応援してくれるわけではない」

2018年12月14日 17時28分

練習を公開した川村虹花

 大みそかの格闘技イベント「RIZIN 平成最後のやれんのか!」(31日、さいたまスーパーアリーナ」に出場する地下アイドル「仮面女子」の川村虹花(22)が14日、都内で公開練習を行い、キレのあるパンチやキックを披露した。前日(13日)のライブ中にアイドルとしては初めてとなるRIZIN参戦を発表。ネット上では賛否両論が巻き起こった。

 川村は「ライブが終わった後にSNSで世間の意見を見たりしたんですけど“やめてくれ”という方もいる。(否定的な意見には)慣れているので。芸能界も、誰もが応援してくれるわけではない」と冷静。「格闘技を始めたころはイロモノ扱いされたけど、試合を見て応援してくれるようになった方も増えた。(試合内容で)人の気持ちを変えることはできる」と言い切った。

 対戦相手のあい(29)はレスリング出身の実力者。2週間後の本番へ向けて「RIZINを目標にずっと頑張ってきた。強い相手ですけど、気持ちで負けたらダメ。少しの可能性を信じて、自分を信じて戦いたい」と意気込んだ。