【RIZIN】山本美憂 グラウンドで圧倒しウィンに完勝

2018年09月30日 18時55分

アンディ・ウィン(下)に判定勝ちした山本美憂

 格闘技イベント「RIZIN.13」(30日、さいたまスーパーアリーナ)で、元レスリング世界女王の山本美憂(44)がアンディ・ウィン(36)を完封し、判定3―0で勝利した。

 1R開始から約30秒で美憂はタックルでテークダウンに成功。そのまま強烈なパウンドを打ち下ろし、ウィンに大きなダメージを与えた。

 2Rも開始早々にタックルに成功。コントロールしつつ、鉄ついを振り下ろしていった。3Rも同様にタックルに成功。そのままサイドポジションを奪うとヒザ、ヒジ、パウンドと打撃の雨を降らせて相手に何もさせなかった。

 結果は判定3―0で美憂が圧勝。試合後はマイクを持つと、18日に死去した弟・山本“KID”徳郁さん(享年41)に思いをはせてか、涙をこらえつつ「本当に、皆さんの応援があったからこのリングに上がれました。ごめんなさい、グラウンドばっかりで。アンディ選手はすごく強いから、得意なところにいかないと勝てないと思ったので」。さらに英語でファンや家族、関係者への感謝を口にした。