【RIZIN】打撃強化の浜崎朱加 黒部三奈戦に自信「一本かKO取ります」

2018年09月14日 19時51分

公開練習を行った浜崎

 格闘技イベント「RIZIN.13」(30日、さいたまスーパーアリーナ)に出場する浜崎朱加(あやか=36)が14日、都内で練習を公開し、女王狩りを視野に入れた。

 3分1Rのスパーリングでは、グラップリングの技術を披露。「コンディションはいい感じ。前回は決めの弱さが出たので、しっかり決められるように打撃を強化してきました。寝技も増えてきている」と胸を張った。

 世界最大の女子総合格闘技団体である米国の「INVICTA FC」でアトム級王座を獲得するなど実績を残し、逆輸入戦士として5月のRIZINに初参戦。アリーシャ・ガルシア相手に判定勝利した。もちろん、今回は「一本かKOを必ず取ります」。

 また、対戦相手の「DEEP JEWELS」アトム級王者・黒部三奈(41)について「今、日本で一番強い選手だと思う。しつこそうで、やりづらい。打ち合いもできるし、寝技もできる」と警戒心を強めながらも、その先の目標のためにここを突破しなければならない。

「黒部選手にしっかり勝てれば、RIZINのチャンピオンにつながってくるのかなと思う」とRIZIN女子スーパーアトム級トーナメント覇者・浅倉カンナ(20)との対戦を見据えている。

「米国でベルトを取ったときや防衛してきたときは、アウェーだし、相手の見た目も強そうで怖さがあった。そういうところで戦ってきた経験では私の方が上なのかな」。胸を張った浜崎が、まずはRIZINマット2連勝を狙う。