【RIZIN】お祭り男・矢地祐介 2―1判定勝利に恒例パフォーマンスお預け

2018年05月06日 20時04分

ディエゴ・ヌネス(右)を判定で下した矢地祐介

 格闘技イベント「RIZIN.10」(6日、マリンメッセ福岡)で、ライト級(70キロ以下)の新エース・矢地祐介(27)がディエゴ・ヌネス(35=ブラジル)に2―1の判定で勝利した。

 昨年大みそかに五味隆典(39)に一本勝ちを収めた矢地。回転の速いパンチのラッシュを武器とするヌネスに序盤から何度もロープを背負わされたが、的確な打撃を随所にヒットさせてしのいだ。

 試合終盤になっても勢いが止まらないヌネスにテークダウンを許した矢地は、下からの蹴り上げをクリーンヒットさせて窮地を脱出。終了間際にはカウンターの右フックでグラつかせて意地を見せた。しかし、最後まで仕留め切れず、2―1の判定で辛くも逃げ切った。

 今年の初戦に勝ち、RIZIN5連勝となったが、まさかの大苦戦のせいか、お祭り男らしい恒例のマイクパフォーマンスは行わず、そのまま花道を引き揚げた。