【RIZIN】“逆輸入最強女子”浜崎朱加が貫禄勝利

2018年05月06日 17時22分

アリーシャ・ガルシア(下)を判定で下した浜崎朱加

 格闘技イベント「RIZIN.10」は6日、マリンメッセ福岡)で行われ、“逆輸入最強女子”浜崎朱加(36)がアリーシャ・ガルシア(24=米国)に判定3―0で勝利を収め、RIZINデビューを白星で飾った。

 2009年にデビューし、12年から米国「INVICTA」に参戦。世界アトム級王座を獲得するなど世界を舞台に戦ってきた浜崎が、RIZIN初戦でジョシュ・バーネット(40)の秘蔵っ子・ガルシアと対戦した。

 1ラウンドから打撃、グラウンドでハイレベルな攻防を展開。2ラウンドにはサイドポジションを奪うなど試合を優位に進めていく。最終3ラウンド終了間際にはついに左腕を捕らえて腕十字固めの体勢へ移行。あとわずかというところで試合終了のゴングに逃げ切られたものの、その実力をまざまざと見せつけ、文句なしのフルマークの判定勝利を収めた。

 堀口恭司同様“逆輸入メジャーリーガー”として女子トップ戦線を狙う浜崎は「3年半ぶりに日本のリングに戻ってきました。米国で世界王者になって、日本を盛り上げたいという気持ちで戻ってきました。一本取れなくてふがいない気持ちなんですが、次、しっかり勝ちたいと思いますので応援よろしくお願いします」とアピール。遅れてきたジョシカク界の大物の今後に注目だ。