【2・12ノックアウト】キック界の“神童”那須川が元王者アムナットと激突

2017年01月06日 18時35分

那須川天心

 新日本プロレスの親会社ブシロードによるキックボクシング新イベント「KNOCK OUT vol.1」(2月12日、大田区総合体育館)で、“神童”那須川天心(18)がボクシング元IBF世界フライ級王者アムナット・ルエンロン(37=タイ)と激突することが6日に発表された。

 

 那須川は昨年12月の旗揚げ戦で軽量級世界最強王者と称されるワンチャローンを1RKO。年末のRIZINではMMAに初挑戦し、12月29、31日の2連戦で連勝を収め格闘界から注目を集めた。

 

 一方のアムナットは昨年5月までボクシングの世界王者に君臨し、2014年にはWBA世界フライ級王者の井岡一翔(27=井岡)に勝利した経験も持つ。井岡に唯一の黒星をつけたことで日本でも知名度が高い大物だが、過去にはムエタイ王者として活躍していた。

 

 注目の集まる一戦に向け那須川は「(相手の)パンチは超一流だと思うので、そのパンチで戦ったら面白いんじゃないかと思います。それに通用する練習をしてるので、互角以上に戦えると思います」と豪語し、腕をぶした。